テキストリンク 一覧表示 シェアボタン

かっちゃんのライフイベント備忘録

経験したライフイベントの役立つ情報メモ→結婚・妊娠・出産・子育て






【写真】カメラ初心者の私でも綺麗な写真が撮れた!おすすめミラーレス一眼を紹介します!

f:id:cherrycherry3504:20200731111827j:plainこんにちは。かっちゃんです!

 

旅行用にカメラが欲しいな!

 

子供が生まれたから、画質のいいカメラ買おうかな。

 

この記事は、本格的にではなく、

記録用だけど綺麗な写真が撮りたい

と言う方に読んで欲しいです。

 

旅行と写真が好きなかっちゃんが

現在愛用しているカメラをご紹介します。

 

360度カメラ RICOH THETA の紹介はこちら↓

 

私は、綺麗な写真は好きだけど、

本格的すぎないくらいにカメラが好きです。笑

つまり、ほぼ初心者。

初心者目線でポイントを紹介していきます。

 

 

ミラーレス一眼か一眼レフか

 

そもそもミラーレス一眼一眼レフの違いは何か。

細かい話は、正直私もよくわからないので。笑

 

ざっくり言うと、こんなかんじ。

 

ミラーレス一眼は、軽量でコンパクト。

液晶画面に写し出された画面ごしの撮影ができ、

機能は一眼レフにも負けないモデルが多数出ています。

 

一眼レフは、重量感あって、ごつい。

ファインダーごしに、シャッターをきる感じがかっこいい。

多機能・高画質。

 

綺麗な写真が好きなかっちゃんとしては、何度も一眼レフの購入を悩みました。

ただ、使用用途を考えると旅行がメイン。

 

「旅行は身軽に行きたい。」

重たいカメラは持って行きたくないですよね。

 

旅行がメイン利用であれば、軽量でコンパクトなのに綺麗な写真が撮れるミラーレス一眼がおすすめです。

 

ミラーレス一眼一眼レフのどちらにしようか迷っている方、

使用用途を考えて購入を検討してみてください。

 

ミラーレス一眼について

 

私の使っているミラーレス一眼は現在2代目。

子供が生まれて初の海外旅行であるグアム行きが決まった際に買い換えました。

 

1台目は、OLYMPUS PEN E-PM2

2012年モデルで、現在は同シリーズで E-PL10 が出ています。

 

 

ポイントはなんと言っても一眼レフに負けない画素数とボケ機能。

購入当時、画素数とボケ機能を重視して、カメラを選びました。

 

OLYMPUS PEN E-PM2は当時の初心者向け一眼カメラの中でもかなり画素数が高く、綺麗な写真が撮れるカメラでした。

 

以下の画素数、なんと現在の最新モデルE-PL10の画素数と変わっていません!

カメラ部有効画素数 1605万画素 / 総画素数 約1720万画素

 

綺麗なボケ写真も撮れるのでかなり気に入ってました。

実際に撮った写真、こんなんも撮れます↓

f:id:cherrycherry3504:20200730120631j:plain

 

ただ、時代の問題で、まだ携帯への転送やリモート撮影に対応できてませんでした。

 

2台目は、Canon EOS kiss M

2018年モデルで、Canon初心者向け一眼レフシリーズkissで初のミラーレス一眼モデルです。

初心者向けミラーレス一眼でありながら、当時の最新機能を盛り込んだ充実したカメラです。

 

Canon EOS kiss Mを選んだポイントは、以下です。

  • 1台目より高い画素数
  • 携帯でのリモート撮影
  • 自撮り撮影機能

 

1台目より高い画素数

 

Canon EOS kiss M の画素数

約2410万画素(総画素数約2580万画素)

1台目より綺麗な写真が撮れます。

 

実際の比較写真です。

OLYMPUS PEN E-PM2

f:id:cherrycherry3504:20200730120710j:plain

Canon EOS kiss M

f:id:cherrycherry3504:20200730120730p:plain

 

どちらも携帯よりはきれいな写真ですが、

Canon EOS kiss Mのほうが、細部までぼやけずに写っていて、写真全体がパッと明るいですよね。

 

私のカメラ撮影は、よっぽど暗くないかぎり

オートでの撮影です。

 

オート撮影で綺麗に撮れる!

これはかなり初心者には重要なポイントだと思います。

 

リモート撮影

 

携帯でのリモート撮影機能は必須項目。

タイマー撮影では満足できなくなった理由は、子供の誕生です。

 

子供は大人と同じように、じっとはできません。

子供とのいい写真をセルフで撮るためには、リモートでタイミングよくシャッターを連写する必要があります。

 

自撮り撮影機能

 

自撮りの写真も綺麗に撮りたいですよね。

自撮りは携帯の方が楽だけど、画質が。。って思っていたので、

自撮り機能として、液晶の向きが変えられるカメラを検討。

 

自撮り撮影機能のあるミラーレス一眼は、当時限られていて、

この項目を満たすのは、自然とCanon EOS kiss Mでした。

 

カメラ初心者だけど、

旅行や子供の成長記録を気軽に綺麗な写真で残したい方、

機種に迷っているなら、

Canon EOS kiss M 

間違いないと思います。

 

 

三脚について

 

セルフ撮影をする場合、必要になってくる三脚。

これがないと撮影者が写真に入れないし、綺麗な構図になりません。

 

私が使っているのは、SLIK AIRY M100

 

SLIK AIRY M100を選んだ一番の理由は、
旅行に持っていけるコンパクトさ軽量さです。

 

この三脚を使っての初セルフ撮影の記事はこちら↓

 


 
三脚の選定ポイントは、雲台安定さが大事と一般的に言われています。
 
雲台とは、カメラの垂直水平を動かせる箇所。
ここがばっちり決まる3way雲台は一眼レフ向き。
 
コンパクトで軽いボール雲台はミラーレス一眼向きです。
 
安定さは、一眼レフの場合カメラが重いため、三脚が倒れてしまわないように重要視されます。
 
ただ、ミラーレス一眼の場合、

抑えたいポイントは以下になります。

 

コンパクトさ・軽量さ


ミラーレス一眼の利用者はきっと旅行でのスナップ写真やライフイベントでの記念写真がメイン。

いくら集合写真が撮りたいからと言っても、わざわざごつい三脚は持っていかないと思います。

 

旅行やイベントに持っていってもそれほど邪魔にならないことが、とても重要です。

 

組み立てやすさ


旅行中やイベントの途中で時間をかけて三脚をセットするのはストレス。

簡単ではやい組み立てができるものがいいはずです。

 

見るところは、脚部分。

ワンタッチで足が伸びるものがおすすめです。


クイックシュー


カメラを三脚から簡単にとりはずせる機能です。

手持ちに切り替えたり、三脚に置いたり忙しいミラーレス一眼には必須の機能です。



ミラーレス一眼に適した、雲台と安定さがあり、

コンパクトで軽量、簡単操作なのが

SLIK AIRY M100 でした。

 

 

まとめ

 

私は、子供が生まれたタイミングで Canon EOS kiss M を購入し

旅行でのスナップ撮影だけでなく、綺麗な景色でので集合写真や記念フォト、

子供の月齢写真やバースディ写真、セルフマタニティフォト等大活躍しています。

 

携帯の写真でもいいやと思ってしまいがちですが、

ミラーレス一眼と比べると明らかに画質が違います。

 

今は、レンタルカメラなどのサービスもあるので、

気になる機種を試してみるのもいいかもです。

 

ぜひ、綺麗な写真で、旅行や子供の成長記録を残して欲しいです。

カメラ選びの参考になれば幸いです。